あいち多胎ネットとは

一般社団法人あいち多胎ネットとは

◇現在全国に11ある “地域多胎ネット” のひとつ
→地域多胎ネットとは・・・多胎児の妊娠・出産・育児を市民グループ・行政機関 ・医療機関 ・研究機関 などが連携して支援するための、ゆるやかなネットワーク

◇平成31年8月に一般社団法人あいち多胎ファミーユから一般社団法人あいち多胎ネットへ改称

◇発足のきっかけ・・・双子、三つ子の母親たちが自身の経験のもと、多胎の妊娠・出産・育児の支援を行うことを 目的に結成

◇主な取り組み・・・相談支援(あいち多胎ほっとライン)、当事者間交流、情報発信(あいち多胎のつどい) 、サークル支援など

◇基本目標 多胎家庭が安心して子どもを生み育てることがきる社会の実現

◇基本的な考え方 多胎家庭の妊娠・出産・育児における切れ目のない支援 ▶行政、医療、地域、当事者のネットワークの構築 ▶適切な支援による親子関係の充足