▶what's new

【豊田市在住の多胎妊娠者限定】
多胎育児動線相談事業モニターさんを募集しています
お申込は052-778-7033またはinfo@aichi-tatai.netまで
*詳細は下記PDFをダウンロード!

令和3年度WAM助成モデル事業として、ぶるぷるネットあいち様、豊田市役所様、あいち多胎ネットが協力して、妊娠期の支援をモデル事業として行って行きます。当事者団体のメンバー、行政担当が妊娠期に繋がることは出産後の親愛関係に良い影響がありますし、多胎妊娠者にとっても出産後のイメージや使える社会資源を知ておく機会になれば幸いです。

多胎育児動線相談事業モニター募集ちらし  ← PDFはこちらをクリック

モデル事業研修会の様子はこちらをクリック→ 令和3年度WAM助成モデル事業の説明・研修会

*******************************************************************************

2021年度前期オンライン多胎プレファミリー教室 を開催しました。
日時 7月17日(土)13:30~15:30
対象 愛知県在住の多胎児を妊娠中のご家庭


本日、愛知県にお住まいの多胎妊娠のご家庭を対象にあいち多胎ネット主催のオンラインプレファミリー教室が開催されました。今回は事前に合計27組のご家庭にお申し込みいただきました。また、今年度のオンラインプレファミリー教室は、キリン財団助成金にて開催されています。
あいち多胎ネットのプレファミリー教室は産後のイメージづくりに特化した教室になっており、妊娠期の今、”多胎家庭における””多胎家庭に特化した”産後のイメージづくりを大きくさせるための一つの助けとなるような講座を目指していますので、経産婦の方が受講されても学びを得られるような講座になっています。

前半講座では訪問看護ステーションの助産師として多胎育児家庭への現場支援を行っている理事より具体的な産後の状況を、そして多胎育児当事者であり、金城学院大学非常勤講師、日本多胎支援協会理事の理事より多胎の社会的な状況を、そして今回は初めて多胎育児当事者である、岐阜聖徳学園大学准教授の松葉敬文先生をお招きして経済学の視点から多胎育児家庭へ向けたお金のお話をしていただきました。

後半は、先輩パパ3名からの多胎育児に関するインタビューを放映しリアルな多胎育児の経験談を語った動画を試聴していただきました。インタビュー内容もパパがリアルに聞きたいだろうと思われる内容になっていますし、今回は多胎パパ当事者である、松葉先生からも急遽お一言いただきました。やはり多胎育児当事者、先輩パパの視点は先輩ママからすると、妊娠期のパパに本当に伝えてほしいことと合致していたことから、とても良いアドバイスをいただけたのではと思っています。

最後は参加者の皆様から事前にいただいたご質問に対してピアパートナーでまとめたものを、ピアパートナーの皆さんからお話ししていただきました。この講座は妊娠しているママのみならず、パパ、そしておじいちゃんやおばあちゃんとなる方々へも聞いていただける内容になっています。
ご参加・ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました


公益財団法人キリン福祉財団
令和3年度「キリン・地域のちから応援事業」助成金事業

*******************************************************************************

令和3年5月30日(日)中日新聞の朝刊にしかけママスタイが掲載されました。️赤ちゃんがママに向かって遊ぶ事のできる知育玩具になっています。記事にも書かれていますが、経済的負担の大きい多胎育児家庭から会員費を徴収しない活動をしていきたい思いの一方で、支援者への活動に少しでも充てられるよう、しかけママスタイの売上から多胎育児支援の活動資金を捻出していきます。そして当団体は、今後もソーシャルビジネスで新たな社会的価値を生み出していこうと思っています。*しかけママスタイのページは右下親子の写真からお入り下さい。

クリックで記事記事拡大

web版の写真はこちらをクリック

*******************************************************************************

◆令和3年5月29日(土)同日開催 

令和3豊田市多胎パパママ教室に講師として参加しました。 ←クリックでページへ

第3回ピアパートナー基礎研修を開催しました。 ←クリックでページへ

 

◆令和3年4月24(土)愛知県多胎家庭支援者交流会を開催しました。←クリックでページへ
  参加:ピアパートナー・さくらんぼの会・ぶるぷるネットあいち・あいち多胎ネット

◆令和3年4月14日(水)刈谷市多胎児等健診サポーター向け研修を行いました。←クリックでページへ

*******************************************************************************

「あつまれ!あいちふたご・みつごサークルマップ」が完成いたしました。

一般社団法人あいち多胎ネットでは、令和2年度独立行政法人福祉医療機構の助成金を活用して「大丈夫!妊娠期からつながろう!あいち多胎育児支援事業」を行いました。その成果物のひとつとして、愛知県内で多胎家庭向けに開かれているサークル等を一覧にした「あつまれ!あいちふたご・みつごマップ」を作成いたしました。愛知県内で多胎家庭同士が交流できる場をお探しのにとって、心強いものになることを願っております。作成に協力してくださいました愛知県をはじめ、各市区町村のご担当者様に、心より感謝申し上げます。

画像をクリックするとダウンロードできます。

*******************************************************************************

行政機関様向け・あいち多胎育児支援サポートデスクについて

あいち多胎ネットは多胎育児支援に力を入れてくださる市町村様を応援いたします
地域にあった多胎育児支援を一緒に考えましょう!

行政機関様向けあいち多胎育児支援サポートデスク ← 専用ページはこちら

サポートデスクちらし ← こちらをクリック

*******************************************************************************

《あいち多胎ネットの会員について》

あいち多胎ネットの会員になると・・・
イベントのお知らせや会員向けのお得な情報が送られてきます。
また、みなさまの声を行政や医療、地域へお届けします!
あいち多胎ネットは愛知県の当事者(=多胎育児家庭)一人ひとりの団体です。
みなさまの声を団体に届けていただくことで、より良い社会へと変化していきます。

《あいち多胎ネット会員》

入会費無料

入会対象 愛知県内の多胎育児家庭(妊娠期を含む)

入会方法 以下の2つの手順をお願いします

①会員情報入力フォーム【URL】https://forms.gle/XVYT5nZdHMH2W5PC6
必要な情報を入力して送信する

②氏名(ふりがな)と母子手帳の写真(人数分並べて名前がわかるように撮影)を
 info@aichi-tatai.net にメール送信する。
※あいち多胎ネットのホームページにあるメールフォームには画像添付できません。

①と②が完了すると、あいち多胎ネットから返信メールが届きます。
(記入に不備があった場合には、会員手続きが遅れる場合や再度入力いただく場合がございますのでよくご確認ください)返信メールをもってあいち多胎ネットの会員とさせていただきます。
万一、3日以上経っても返信がない場合には052−778−7033までお問い合わせ下さい。

◆公式アカウントを友だち登録してくれた会員には会員限定のラインオープンチャット「あいたたのへや」へ
参加することができます。
※オープンチャット「あいたたのへや」とは愛知県内の多胎育児家庭専用のコミュニケーションツールです。一定のルールのもと、日頃の育児について会員同士でメッセージのやりとりができます。

※個人情報につきまして一般社団法人 あいち多胎ネットでは、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、皆様から得た大切な個人情報の保護に万全を尽くします。また、本人の許可なく第三者提供することはありません。

支援・見学・参加情報

2021年07月08日
安城市多胎育児講習会の講師を務めさせていただきました。
2021年05月31日
令和3年度WAM助成モデル事業(福祉医療機構)説明会・研修会
2021年05月29日
豊田市多胎パパママ教室に講師として参加しました。
2021年05月29日
第3回ピアパートナー基礎研修を開催しました。
2021年04月24日
多胎支援者交流会(令和3年度キリン助成事業)を開催しました。
» 続きを読む

広報

2021年05月30日
しかけママスタイが中日新聞に掲載されました。
2021年01月20日
新潟日報に松本彩月理事の記事が掲載されました。
2020年11月21日
第3回 あいち多胎のつどいオンライン 使用動画 団体の歩み・サークル紹介・県内ふたごちゃんみつごちゃんのフォトギャラリー!
2020年11月06日
新型コロナ禍の多胎児子育て状況調査のお願い
2020年09月06日
NHK東海ニュースで「第2回ピアパートナー研修」の様子が放送されました。
» 続きを読む